INFORMATION

2014年4月14日

  • ▲文化構想学部4年 小谷 友里乃

  • ▲社会科学部4年 辻 賢治

  • ▲国際教養学部4年 加納 朋香

留学に対する漠然とした憧れをかたちにする

春の留学フェアが開催されます!
5月9日(金)・10日(土)

5月9日(金)12:20 ~17:30、10日(土)10:00 ~17:30に、早稲田キャンパス国際会議場で開催される留学フェアは、入退場自由・参加無料のイベントです。この機会に海外留学を実現させてみませんか?

■春の留学フェアで何が行われるの?

・留学説明会(全3回)
早稲田大学留学プログラムの種類や特徴などを説明します。留学のイメージをつかみたい方にお勧め。

・個別相談ブース
海外協定校・大使館・語学試験機関・学部/研究科・学外機関・学生留学アドバイザーとの個別相談が可能です。

・プレゼンテーション
海外協定校スタッフによる大学紹介や、留学経験者による体験談などを聞くことができます。

・2015年度春派遣留学募集要項説明会(全3回※)
出願手続きのガイドDVDを視聴するスタイルです。2015年春に留学したい方は参加 必須。
※2014秋出発の中期プログラムと一部プログラムも対象。2014秋出発Portland State University TSA (LOHAS /Business Program)・中期プログラムの説明会を9日午後に別途実施。

・夏季短期 留学募集説明会(全3回)
語学力を向上させたい、海外で見聞を広めたい方にお勧め。
申し込み方法や主なプログラムについての説明を行いま す。


■なぜ、この時期に「留学」を考えるの?


 早稲田大学では、学生交流協定を75カ国500校と結んでいますが、こうした派遣留学の募集は春学期(5月)と秋学期(10月)の年2回。それに合わせて「春の留学フェア」と「秋の留学フェア」が開催されます。

 実際の留学の時期は留学先の地域・国によって異なりますが、特に「春の留学フェア」は夏季短期留学募集説明会も兼ねていますので、後々、留学の選択肢を狭めることにならないよう、動きだすのは早いに越したことはありません。


■留学フェアで、輝く新たな舞台を見つけた先輩たち

CASE1
文化構想学部4年 小谷 友里乃 (こたに ゆりの)
2012年秋から、2013年春まで米国・ローレンス大学TSAプログラム留学
文化構想学部の私にとって、留学の情報を得られる初めての機会が、留学フェアでした。説明を聞く中で、TOEFL対策やウェブ出願、掛かる費用の相談など、「留学事前準備の重要さ」をあらためて再確認したことを覚えています。それと同時に、自分でTo Do Listをまとめるなど、留学準備に取り掛かるきっかけになりました。また、留学経験者からの経験談、ブースでの個別相談など全てが、私の留学への思いを駆り立ててくれるものでした。

CASE2

社会科学部4年 辻 賢治 (つじ けんじ)
2012 年秋から、2013年春までスウェーデン・リンネ大学EXプログラム留学
留学フェアの留学説明会にて、情報をせっせと収集していたのは1年生の春のことでした。無限の可能性の広がる大学生活において、さまざまな選択肢から決断した「留学」という行動は、今では正解だったと胸を張って言えます。行動を成就させるには情報収集が不可欠。留学フェアは僕たち学生留学アドバイザーも参加する、情報を一気に入手できる大変有意義な催しです。あなたも留学フェアで、人生を変える第一歩を踏み出しましょう!

CASE3
国際教養学部4年 加納 朋香 (かのう ともか)
2012年秋から、2013年春までスウェーデン・ルンド大学TSAプログラム留学
国際教養学部生の私は、「留学する」ということは早々に決意したものの、何をすればよいのか分からない状態でした。TOEFLの準備や、留学先の選定について知らないことばかりでしたが、留学フェアにおいて自分がすべきことを明確に理解することができました。また、抱いていた疑問や不安は、確実な情報を説明会で得ることで解消できました。私にとって留学フェアは、留学準備のスタートダッシュを切る、大事なきっかけとなりました。

詳細はこちら 早稲田大学留学センター