杜の掲示板

2014年6月16日

杜の掲示板に掲載されている情報をカレンダー形式でご覧になりたい方は、googleカレンダーよりご確認ください。

体育各部の試合予定は、競技スポーツセンターWebサイトにて掲載しています。

■イベント

外山滋比古先生講演会「乱読のセレンディピティ」
──思いがけないことを発見するための読書術
30年間にわたり読み継がれている184万部のベストセラー『思考の整理学』(筑摩書房)の著者であり、お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古氏の講演会を開催いたします。思考を養い人生を変える読書術を、直接聞いてみませんか。1時間の講演会の後には質疑応答があります。なお、会場が満員になった場合、入場できないことがあります。
6/19 (木)18:15~19:30 (17:45開場)
大隈講堂
予約不要 無料 大学生協ブックセンター
http://www.wcoop.ne.jp/index.html

混声合唱団コール・ポリフォニー
第22回サマーコンサート
半期に1度の演奏会です。学生指揮者ステージでは海が題材の曲「おわりのない海」を、外国曲ステージではルネサンス期の音楽「Missa O quam gloriosum est regnum」を奏で、最後のメインステージでは自然や音楽がテーマの5曲を爽やかに歌い上げます。
6/22 (日)13:45~15:15 (13:15開場)
光が丘IMAホール(都営大江戸線「光が丘駅」下車)
予約不要 無料
混声合唱団コール・ポリフォニー
http://poly.s16.xrea.com/


ICCインド映画鑑賞会&東京国際映画祭
アジア部門ディレクタートーク
『スタンリーのお弁当箱』
近年「ボリウッド」と称され、人気が高まっているインド映画。国際映画祭にも出品され、高い評価を得ています。今回は、子どもたちの友情や先生との対立を描いた『スタンリーのお弁当箱』を上映します。上映後は、東京国際映画祭アジア部門でディレクターを務め、文化構想学部「アジア映画論」の講義を担当されている石坂健治氏より、インド映画界の実情などについてお話しいただきます。
6/23 (月)16:30~19:15 (16:10開場/部分参加OK)
早稲田キャンパス26号館地下B104 (多目的講義室)
予約不要(先着順80席) 無料
国際コミュニティセンター(ICC)
http://www.waseda-icc.jp/

公認会計士制度説明会
現職の公認会計士から業務についての説明や、試験勉強や大学の講義との両立など、具体的な合格体験談を卒業生から聞くことができます。すでに勉強を始めている方はもちろん、これから挑戦する方、少しでも興味のある方はぜひ参加してください。
6/25 (水)18:15~19:45
早稲田キャンパス11号館7階704教室
予約不要 無料
商学学術院事務所
http://www.waseda.jp/foc/


開催中の展覧会

會津八一記念博物館
「荒川修作の軌跡──天命反転、その先へ」(~6/14)
「茶の道具」(~6/28)

演劇博物館
「サミュエル・ベケット展──ドアはわからないくらいに開いている」(~8/3)
➡ギャラリートーク
本展実行委員会による展示解説を行います。
6/27 (金)15:00 ~15:30

演劇博物館2階企画展示室
「今日もコロッケ、明日もコロッケ──益田太郎冠者喜劇の大正」展(~8/3)
「松本幸四郎展──This is my quest.」(~8/3)

総合学術情報センター2階(中央図書館)
中世文学会春季大会開催記念展示「そして能が生まれた。」(~6/26)
➡「中世文学会」の春季大会が早稲田大学で開催されるにあたり、記念展示を開催中です。「能」
は15世紀初頭に世阿弥によって大成されて以来、今日までほぼ変わることなく演じ続けられ、後世の
文化にも大きな影響を与えてきました。そしてその「能」も、それ以前の文学、芸能の影響の下に生
み出された中世芸能の大輪の花といえます。今回は、「能」以前の和歌、連歌、物語などに着目し、今日
まで続く「能」の源流をたどります。さまざまな文学作品が「能」の成立へとつながり、またそこから
新たな生命を生み出してゆく過程をご覧ください。

125記念室
「資料に読むワセダの物語」(6/20 ~8/3)