INFORMATION

2014年6月23日

  • ▲ 鎌田 薫 法学学術院教授

鎌田薫法学学術院教授の総長再任決定!


 次期総長を決める「総長決定選挙」が、総長候補者である鎌田薫法学学術院教授を対象に6月12日(木)に行われました。教職員および学外評議員など2,370人の選挙人による投票の結果、下表のとおり鎌田薫氏が当選し、同氏は総長再任を受諾しました。2期目の就任日は今秋11月5日(水)、任期は4年間です。

  投票総数 1648票
  うち得票数に算入しない数 415票
  鎌田薫候補者の得票数 1233票


鎌田 薫 (かまた かおる)教授の略歴
1970年早稲田大学法学部卒業、同大学院法学研究科博士後期課程を経て、1976年に法学部専任講師、1978年に同助教授、1983年に同教授、2004年に大学院法務研究科教授、2009年に法学学術院教授。法学部教務主任(学生担当)、法務研究科長などを歴任し、2010年11月に第16代早稲田大学総長に就任。66歳。

早稲田大学総長とは
 学校法人早稲田大学の理事長であり、同法人が設置する早稲田大学の学長となる。学校法人および大学の業務執行上の最高責任者であり、代表者となる。