杜の掲示板

2014年10月13日

  • ▲『操り三番叟』

  • ▲『連獅子』

  • ▲写真提供: (株)サードステージ

  • ▲文化推進学生アドバイザー 政治経済学部3年 池田 真一郎

杜の掲示板に掲載されている情報をカレンダー形式でご覧になりたい方は、googleカレンダーよりご確認ください。

体育各部の試合予定は、競技スポーツセンターWebサイトにて掲載しています。


■公演・講演

日本舞踊と早稲田大学
~伝統と希望~ 伝統芸能のこれから
企画、演出、出演は人間科学部通信教育課程在学中の6代目花柳芳次郎さん。芳次郎さんの祖父で校友の、花柳流4世宗家家元花柳壽輔氏をゲストに招き、日本舞踊の『操り三番叟(さんばそう)』という演目をはじめ、本学とも関わりの深い坪内逍遙作、四代目芳次郎振付の舞踊『新曲浦島』を、そして公演の締めには、獅子が毛を振るシーンが有名な『連獅子』の後ジテを上演します。古井戸秀夫東京大学教授、児玉竜一文学学術院教授と壽輔氏のトークショーも交え、伝統芸能の可能性を大隈講堂から発信します。
10/13 (月・祝)18:30~20:00  大隈講堂
文化企画課


早稲田文化特論
「早稲田が生んだ?世界のムラカミ??」
─村上春樹とノーベル賞の近くて遠い距離─
早稲田大学を卒業し、千駄ヶ谷のジャズ喫茶のマスターだった青年が、小説家となり35年。日本文学の代表として、ここ数年は秋が来るたびノーベル文学賞の期待に日本がざわつくようになっています。本企画は、その秋に「村上春樹の文学はどこがそんなにすごいのか(すごくないのか)」「ノーベル文学賞がなぜ与えられたか(なかったか)」について市川真人文学学術院准教授に熱く語っていただく90分です。
10/22 (水)18:30~20:00  小野講堂
文化企画課


創立記念日演奏会
創立記念日を祝して、早稲田大学交響楽団(通称「ワセオケ」)が、演奏会を開催します。ワセオケは早大生のみで構成された唯一のオーケストラで、創設以来、サントリーホールなどでの定期演奏会、ベルリンやウィーンなど世界中を巡るツアー、ヘルベルト・フォン・カラヤン氏をはじめとした第一級の音楽家たちとの共演など、長年精力的な活動を行っています。
10/21 (火)18:30~20:00  大隈講堂
文化企画課


■イベント

映画『夢は牛のお医者さん』上映会
自然豊かな里山文化が広がる新潟県十日町市松代地区を舞台に、主人公の少女が小さい頃からの夢を叶え、獣医師になっていったドキュメンタリー映画を上映します。また、時田美昭監督からお話いただき、夢の実現に向けて何をなすべきかについて考えます。
10/21 (火)13:00~15:00  小野講堂
平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)
jonnobiclub@gmail.com


■対談

早稲田小劇場どらま館起工記念
身体表現と舞台芸術
「身体表現と舞台芸術」というテーマで、舞台芸術における身体表現の意味と役割について、作家・演出家である鴻上尚史氏と坂内太文学学術院准教授との対談を実施します。
10/28 (火)16:30~17:30  大隈講堂
学生生活課


開催中の展覧会
・會津八一記念博物館 
「早稲田のなかの韓国美術(~11/3)
「異文化の交差展」(~11/8)
「市島春城と画人たちとのかかわり─印章コレクションから─」(~11/15)
・演劇博物館 「寄らば斬るぞ!─新国劇と剣劇の世界」(~2015/2/4)
・125記念室(26号館10階) 
「十五年戦争と早稲田」(~11/8)

オススメ!
私たち学生も興味が湧くような企画ばかりです。学生目線ながら質の高い文化発信を目指しています。ぜひご来場ください。

文化推進学生アドバイザー
政治経済学部3年 池田 真一郎(いけだ しんいちろう)