INFORMATION

2014年11月24日

  • ▲新学生部長 政治経済学術院教授  齊藤 泰治

新学生部長就任!

11月8日(土)に新学生部長が就任しました。学生部長は、学生生活のあらゆる事項に、大学の顔として対応する重要な役割を担っています。また、この『早稲田ウィークリー』の発行責任者でもあります。

学生の皆さんへ

新学生部長
政治経済学術院教授 
齊藤 泰治 (さいとう たいじ)


 前任の学生部長、笹倉和幸政治経済学術院教授の任期満了による退任の後を受け、このたび学生部長の職を引き継ぐことになりました。齊藤泰治と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 学生部は学生生活を支援する部門です。具体的には、課外活動、奨学金関係、学生寮運営、キャリア形成支援、留学生支援、障がい学生支援、アルバイト情報の提供などの面で、関連する部門と連携しながら、皆さんの学生生活をサポートしています。また、この『早稲田ウィークリー』をはじめとして、学生への広報、情報発信にも力を入れています。

 早稲田大学では全学で約5万6,000人の学生が、学生生活を送っています。これは一つの社会、といってもよいでしょう。ますます多様化が進み、新たな対応が必要な局面も生じていますが、それと同時に、公正さが損なわれることがないよう、留意していく必要があります。

 皆さんが自立し、努力する中で、さまざまな可能性を広げていくことができるよう、各人の目的に照らし、学生部を十分に利用、活用して、実りある学生生活を送ってください。

------------------------------------------------------------------
1982年、早稲田大学政治経済学部卒業。同大大学院文学研究科博士課程前期修了。専門は中国近現代思想史。