キャンパスニュース

2014年11月24日

  • ▲グリー・クラブ モンゴル公演集合写真

■新体制発足 新理事・監事が決定

 鎌田薫総長を補佐し、大学を運営する理事(17人)および大学の運営状況を監査する監事(2人)が決定しました。任期は11月8日(土)から、理事が4年間、監事は2年間です。
詳細は 理事・監事紹介Webサイトをご覧ください。


■「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」授賞作品決定!
 10月8日(水)、第14回「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」の最終選考会が行われ、大賞3作品、奨励賞1作品が決定しました。

大賞

・【公共奉仕部門】
NNNドキュメント14 「自衛隊の闇 ~不正を暴いた現役自衛官~」
大島千佳/日本テレビNNNドキュメント取材班ディレクター
・【草の根民主主義部門】
連載「希望って何ですか~貧困の中の子ども~」
山崎一洋/下野新聞社編集局社会部長代理
・【文化貢献部門】
『首里城への坂道~鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像~』
与那原恵

奨励賞
・【草の根民主主義部門】
「ファルージャ~イラク戦争日本人人質事件…そして~」
伊藤めぐみ/(有)ホームルームドキュメンタリー・ディレクター


■国際コミュニティセンター(ICC)/障がい学生支援室
3号館へ

 10月27日(月)より、国際コミュニティセンターおよび障がい学生支援室が新3号館1階に移転しました。新しいオフィスもぜひ活用ください。
国際コミュニティセンターWebサイト
障がい学生支援室Webサイ

■日本文化学のグローバル化を目指し、UCLAと連携
「柳井正イニシアティブ」発足
 校友である柳井正氏(株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長・1971年政経卒)の個人の寄付により、日本文化学のグローバル化プロジェクト「柳井正イニシアティブグローバル・ジャパン・
ヒューマニティーズ・プロジェクト」が発足されました。今後、UCLAと
日本文化学分野の教授・批評家・小説家や大学院生の派遣・受け入れを行い、シンポジウムやワークショップを両校で開催していきます。


■学生の活躍

モンゴルでの演奏活動
 9月5日(金)~10日(水)、早稲田大学グリー・クラブが日本とモンゴルとの文化交流協定締結40周年を記念し、モンゴル演奏旅行を行いました。首都ウランバートルや、孤児院を慰問し、演奏会を開催。音楽を通じた文化交流を促進し、両国のさらなる友好親善の礎を築きました。

庭球部歴史的快挙
 9年連続アベック優勝
 10月22日(水)~26日(日)に有明テニスの森公園で開催された全日本大学対抗テニス王座決定試合にて、庭球部が男子10連覇、女子9連覇となる優勝を果たし、大学日本一に輝きました。

競技スポーツセンターWebサイト
(その他、体育各部競技成績)