杜の掲示板

2015年4月13日

  • ▲青年団のアンドロイド演劇最新作 【写真提供:西山円茄】

  • ▲1905年から続く伝統の一戦

杜の掲示板に掲載されている情報をカレンダー形式でご覧になりたい方は、googleカレンダーよりご確認ください。

体育各部の試合予定は、競技スポーツセンターWebサイトにて掲載しています。

 

 

■お知らせ

 

●4月13日(月)


早稲田小劇場どらま館こけら落とし公演『変身』チケット販売中

1966年、鈴木忠志氏によって開設された早稲田小劇場。多くの演劇人を輩出してきた演劇の聖地に、早稲田小劇場どらま館が4月30日(木)についにオープンします。こけら落とし公演として、青年団主宰・平田オリザ氏作・演出のアンドロイド版『変身』が5月7日(木)~10日(日)に上演されます。ただ今、チケット販売中です。

販売中~予定枚数に達した時点で販売終了
生協ライフセンター(早稲田キャンパス17号館1階)にて販売。日時指定・全席自由・整理番号付き。
学生2,000円(要学生証) 
学生生活課

 

「Asian Students Environment Platform (ASEP) 2015」 参加者募集!

アジアの学生が集い、環境保全や自然との共生のあり方についてフィールドトリップとディスカッションを通じて見識を広める場の創出を目的として、公 益財団法人イオン環境財団の出資・主催により「アジア学生交流環境フォーラム」(AsianStudents Environment Platform(ASEP))が2012年度より毎年開催されています(初回:日本、第2回:韓国、第3回:中国)。第3回目の本年は、これまでの参加大学(清華大、高麗大、ベトナム国家大ハノイ校、マラヤ大学 、早大)に加え、新たにカンボジアの王立プノンペン大学の学生が参加し、ベトナムを舞台に現在の環境を考えるうえで重要な現場に立ち、五感で学び合います。文化の伝統を礎に、近代化との整合をはかり、社会の持続可能な発展をめざす環境学とは?
現状の社会に真摯に向き合う、志の高い学生のみなさんの参加を求めます。

詳細は下記PDFをご覧ください。

【日時】8月2日(日)~8月9日(日)

【場所】ベトナム/ベトナム国家大学ハノイ校 、ハノイ、ハイフォン、ハロン湾など

【費用】イオン環境財団が負担により無料

【応募資格】早大生(正規学部生)

【募集人数】12名

【応募方法】

(1)Waseda-netポータルにて応募登録申請

(2)成績証明書と英語能力証明書(TOEIC800点以上程度)の提出

【締切】4月22日(水)正午 

問い合わせ先 留学センター asep@list.waseda.jp

詳細PDF

 
■イベント


●4月17日(金)


どらま館プレオープン公演第七劇場『オイディプス』

ソフォクレスによるギリシャ悲劇の傑作が、鳴海康平氏(2005年一文卒)率いる第七劇場によってよみがえります。開演時間、チケット情報は劇団Webサイトをご覧ください。
4月17日(金)~19日(日)
早稲田小劇場どらま館劇団Webサイトより申し込み
在学生1,000円(要予約・要学生証・枚数限定)/新入生無料(要予約・要学生証・枚数限定)
当日券3,000円 
学生生活課 

 

演劇博物館「幻燈展──プロジェクション・メディアの考古学」ギャラリートーク+投影体験
展示担当者による展示解説と、劇団みんわ座による「写し絵」の投影体験を行います。直接会場にお越しください。
4月17日(金)第1回14:00~・第2回18:00~
(同内容)演劇博物館2階企画展示室
予約不要 
無料 
演劇博物館 

 

●4月18日(土)

シンポジウム「『アウシュヴィッツ』は今、私たちに何を語るか」

戦争終結から70年を経たこの世界情勢の中、現代の私たち自身の問題として、アウシュヴィッツの意味を再考し、これからの国際関係のあるべき姿を探っていくシンポジウムを開催します。パネリストは学習院女子大学准教授の武井彩佳氏、早稲田大学非常勤講師の古矢晋一氏、北海道教育大学専任講師の宮崎悠氏らです。125記念室で開催中の展覧会と併せてご覧ください。
4月18日(土)13:00~17:30
戸山キャンパス36号館382教室
予約不要 
無料 
文化推進部文化企画課 

 

●4月19日(日)

第84回早慶対校競漕大会

隅田川の春の風物詩で、100年以上の歴史を誇る伝統の通称「早慶レガッタ」。「新大橋上流」からスタートし、ゴールの「桜橋」周辺は特に盛り上がる見せ場です。ぜひ応援に行きましょう。
4月19日(日)9:00~16:30
隅田川周辺 
予約不要 
無料 
漕艇部 

 

●4月22日(水)

ICC国際ボランティア・ランチ~お昼休みに国際ボランティアの話を聞こう~

4月の始まりの季節、国際協力に“触れる”ランチをしませんか?国際協力に取り組んでいる学生たちと話をして、大学生だからこそできることを一緒に考えるためのイベントです。自分の昼食を持参してください。
4月22日(水)12:15~12:55
ICCラウンジ(早稲田キャンパス3号館1階)
予約不要(先着30名) 
無料
国際コミュニティセンター(ICC) 

 

●4月23日(木)

どらま館プレオープン公演ろりえ『さようなら、どらま館』

1987年生まれの若き演出家、奥山雄太氏(2010年一文卒)の劇団「ろりえ」による公演です。開演時間、チケット情報は劇団Webサイトをご覧ください。
4月23日(木)~27日(月)
早稲田小劇場どらま館
予約 劇団Webサイトより申し込み
在学生1,000円(要予約・要学生証・枚数限定)
新入生無料(要予約・要学生証・枚数限定)
当日券3,000円
学生生活課 

 

●4月23日(木)


早稲田小劇場どらま館開館記念対談「都の西北から劇場文化を発信する」

世界でも珍しい学内劇場となる早稲田小劇場どらま館について、長年演劇文化育成に携わっている、青年団主宰・平田オリザ氏と、自身も学生時代演劇人だった鎌田薫総長にお話しいただきます。司会は岡室美奈子演劇博物館館長です。
4月23日(木)14:45~16:15 (開場14:15)
大隈講堂 
予約不要 
無料
学生生活課 

 

●4月24日(金)

 
弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック無料法律相談会

ちょっとした疑問から深刻なお悩みまで、弁護士や元裁判官が親身に伺います。法的視点からの意見が気軽に聞ける機会ですので、ぜひご利用ください。
4月24日(金)12:00~13:00受け付け
早稲田キャンパス8号館1階南門側ラウンジ
予約不要(メールでの事前予約も可) 
無料
弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック legal-clinic@list.waseda.jp

 

 

■開催中の展覧会

 

會津八一記念博物館
「黄檗僧の書と明清美術」(~4/18)
「會津博への贈りもの」(~4/20)
「戦後70年学徒たちの戦場」(~4/25)

 

演劇博物館
「演劇博物館新収蔵品展──歌舞伎資料を中心として」(~7/5)
「幻燈展──プロジェクション・メディアの考古学」(~8/2)

 

125記念室(26号館10階)
「真実を伝え続ける絵画─アウシュヴィッツに生き
たM・コシチェルニャック展─」(~4/23)

 

総合学術情報センター(中央図書館)2階展示室
「俳諧の世界─芭蕉とその門人たち─」(~4/23)