INFORMATION

2015年12月7日

  • ▲『奨学金情報Challenge』

  • ▲スポーツ科学部2年 井上 燦

奨学金申請の手続き
春の奨学金登録準備を始めよう!

 

2016年度の奨学金申請に必要な「春の奨学金登録」が、2016年2月から始まります。
奨学金の受給には事前の準備が大切になります。
必要な準備の流れを確認して、余裕を持って申請を行ってください。
※大学院学生については、2016年2月上旬に所属研究科事務所にて配布予定の『奨学金情報Challenge 大学院学生用』を参照ください。

 

 

どんな奨学金があるの?

 

 早稲田大学の学生は、大きく分けて下の三つの奨学金制度に出願できます。奨学金には、返還不要の給付型と、卒業後返還が必要となる貸与型があり、さらに各奨学金制度によって、受給年額や選考基準などがそれぞれ異なります。学内奨学金は、学業成績を重視して選考している「大隈記念奨学金」、経済的に困窮している学生を支援することを目的とした「小野梓記念奨学金」をはじめ約100種類あり、その全てが返還不要の給付型です。


【主な奨学金制度】

●学内奨学金(給付型)
●日本学生支援機構奨学金(貸与型)
●民間団体、地方公共団体奨学金(給付型、貸与型)

 


いつ申請すればいいの?

 

 奨学金を受給するために必要な「奨学金登録」(必要書類の提出)の時期は、春と夏の年2回。大部分は春の登録が必要になります。また、年度を継続して支給する奨学金(日本学生支援機構など)を除いて、毎年、奨学金登録を行うことが必要です。

 


必要な準備は?

 

 奨学金登録から選考、採用までの流れは右上のようになります。詳細は、所属学部事務所配布のガイドブック『奨学金情報Challenge』をご確認ください。また、奨学金登録書類では、家族の収入・所得に関する書類などが必要となりますので、家族と事前に十分相談し、早めの着手を心掛けてください。

 

 

春の奨学金登録~採用の流れ(学部学生)

 

●12月下旬~
『奨学金情報Challenge』の受け取り
(所属学部事務所)

●2016年2月1日(月)~3月15日(火)
 MyWaseda申請フォーム入力
 奨学金登録書類の作成・提出(奨学課へ郵送)
         ↓
日本学生支援機構奨学金の出願者のみ
●4月1日(金)~25日(月)
『Challenge 別冊』の受け取り(所属学部事務所)
スカラネット入力(インターネットでの申し込み)
必要書類の作成・提出(所属学部事務所)
         ↓
●4月18日(月)~25日(月)
 奨学金登録結果の確認
         ↓
●5月
 学内奨学金:選考(面接など)
         ↓
●7月
 採用者発表・採用手続き

 

 

学生生活を支えてくれている奨学金

 

\奨学生からの声/
スポーツ科学部2年 井上 燦(いのうえ きらら)

 

 私はホッケー部に所属しており、その活動のためアルバイトの時間はほとんど取ることができません。上京して寮生活を送っていますが、毎日の生活費・寮費・部活動費など、多大な出費があります。

 

 そんな中、両親の負担を少しでも減らすために助けを求めたのが「奨学金」でした。学内奨学金と民間奨学金の両方の給付を受けられたおかげで、学業・部活動共に集中して取り組むことができ、常に感謝の気持ちを持って学生生活を送れています。経済的に少しでも不安のある方は、奨学金を活用してみてはどうでしょうか。