特集

2016年1月25日

  • ▲1号 1966年3月20日発行

  • ▲211号 1974年6月26日発行

  • ▲ジャケット着用の学生に混じり、学ラン姿の学生も。学ラン・角帽・高下駄・腰手拭いは早稲田の”バンカラ4点セット”でした。 入学記念号(1967年4月5日発行)より

  • ▲429号 1982年10月28日発行

  • ▲号外 1993年7月15日発行

  • ▲記念会堂前でフォークダンスを踊る学生。男女共にトラッドなスタイルが目立ちます。「聖子ちゃんカット」が女子の間で大流行。 478号(1984年11月8日発行)より

  • ▲1023号 2004年4月8日発行

  • ▲1284号 2012年7月19日発行

  • ▲2000年以降は、よりカジュアルで自分らしい服装が普及。ファストファッションが一般的になり、手頃な価格でおのおののおしゃれを楽しめるように。 1280号(2012年6月21日発行)「ぴーぷる」より

早稲田ウィークリーと振り返る 早稲田50年史

 

※年表は『キャンパスハンドブック』(2015年度発行版)に則り、学部情報のみ掲載。

※記事内における名称・肩書きなどは、誌面掲載時の表記に則ります。

 

 

【1960年~】

高度経済成長のただ中に東京五輪開催。

各大学で学生運動が盛んに。

 

1962年 文学部校舎竣工

1962年 米国ケネディ司法長官来校

1963年 国際部設置

1963年 理工学部校舎竣工

1963年 大隈重信生誕125年記念祭開催

1966年 本誌前身『早稲田』創刊

1966年 社会科学部設置

 

1号 1966年3月20日発行

創刊号が発行されたころ、学費・第二学生会館管理運営問題をきっかけに学園紛争が続き、学生ストライキやバリケード封鎖が行われていました。各学部長による学生・保護者に向けた文面からは。当時の緊迫した学内情勢が伝わってきます。

 

 

【1970年~】

あさま山荘事件や沖縄返還、2度のオイルショックが日本社会に衝撃を与える。

 

1970年 第1回ホームカミングデー開催

1974年 第3次古代エジプト調査団、マルカタ遺跡より彩色階段発見

 

211号 1974年6月26日発行

菊池徹夫文学部講師(当時)による調査日誌には、約2ヵ月に及ぶエジプトでの発掘の日々がつづられています。マルカタ遺跡「魚の丘」で、エジプト第18王朝とみられる彩色人物像のある階段遺構を発見の際には、「丘の至るところに生々しい人骨、ミイラ続出」との記載が。他の研究者と夜通し激論を交わした様子なども書かれ、調査団の興奮が感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【1980年~】

バブル景気により日本中が沸き立つ。昭和から平成に改元となり、消費税(3%)スタート。

 

1981年 エクステンションセンター設置

1982年 創立100周年記念式典

1987年 人間科学部設置

 

429号 1982年10月28日発行

記念会堂で行われた創立100周年の記念式典には、世界22カ国67大学から約5000人が集いました。「早大は世の中に結びついて初めて存在意義がある」「甘えのない厳しい大学に」と、校友の井深大(まさる)(SONY創業者)による叱咤激励の祝辞が贈られました。

 

 

【1990年~】

バブル崩壊。地下鉄サリン事件や阪神・淡路大震災が起こる。「失われた10年」。

 

1991年 総合学術情報センター開館

1993年 米国クリントン大統領来校

1998年 會津八一記念博物館開館

 

号外 1993年7月15日発行

第19回先進国首脳会議(通称『東京サミット』)に出席するための来日に際し、日本の学生と対話を行いたいという大統領側の意向で実現した講習会。米国の現役大統領が日本の大学を訪問するのは史上初のことだったとか。実際に講習会を見た学生のレポートでは、大統領がユーモアを交えたスピーチで聴衆を魅了した様子や、入場時の厳戒態勢について書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2000年~】

インターネットが急速に浸透。アメリカ同時多発テロや世界金融危機で世界情勢は混乱。

 

2003年 スポーツ科学部設置

2004年 国際教養学部設置

2007年 文化構想学部、文学部、理工3学部設置

2007年 創立125周年記念式典

2008年 「早稲田キャンパス」名称変更

2008年 胡錦濤中国国家主席来校

 

1023号 2004年4月8日発行

国際教養学部(SILS)開設を受けて始まった月イチコーナー「出島Diary」。ポール・スノードン国際教養学部教授(当時)によって、知られざるSILSの実情が英語記事で紹介されました。第1回は、当時SILSの拠点だった22号館がまるで長崎の「出島」のように他の学部から切り離された場所だと感じる。SILSの学生はこの孤立したコミュニティーの一員として扱われてほしくないと、教授の思いがしたためられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2010年~】

東日本大震災・福島第一原子力発電所事故発生。スマホ・SNSが爆発的に普及した。

 

2011年 東日本大震災復興支援室設置

2012年 「Waseda Vision 150」発表

2012年 野田佳彦総理大臣講演

2013年 6学部でクォーター制導入

2014年 中野国際コミュニティプラザ開館

2015年 早稲田小劇場どらま館竣工・こけら落とし公演上演

2016年 本誌Webマガジンへリニューアル

 

1284号 2012年7月19日発行

東日本大震災発生直後より、早稲田大学では継続して復興支援を行っています。震災支援活動については例年特集を組んでおり、この記事では「早稲田から”絆”を!」と題して、平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)の気仙沼チームと、卓球部の活動などについて紹介しました。

 

>>>愛読者たちが語る!早稲田ウィークリー座談会へ