杜の掲示板

2012年10月18日

「杜の手帳」は「杜の掲示板」に名称変更しました。

杜の掲示板掲載情報をカレンダー形式でご覧になりたい方は、下記のWebサイトよりご確認ください。

http://www.wasedaweekly.jp/mori.html

1287号には下記の情報が掲載されています。

■お知らせ

・電通×ICCコラボ企画第三弾:日本を良くするひらめき杯
~外から見た日本~(Japan Inspiration Cup)

 ICCでは前期に続き、(株)電通にご協力いただき、「外から見た日本」をテーマに、日本の強み・弱みを見直し、社会に向けてメッセージを発信するソーシャル・コミュニケーションのアイデアコンペを開催します。審査員は(株)電通でソーシャル・ソリューション局ソーシャル・デザイン・エンジン部を率いる福井崇人氏。高評価されたアイデアは、電通がスポンサー企業を発掘し、企業によるプロダクト化に発展する可能性もあります!

【日時】
10月31日(水)18:15~19:45
 電通・福井氏のアイデア出し レクチャー・課題告知
11月7日(水)
 16:30~18:00

 日本語ワークショップ1(各自のアイデアに関してグループ内でブレインストーミング)
  18:15~19:45
 英語ワークショップ1(各自のアイデアに関してグループ内でブレインストーミング)

11月14日(水)
  16:30~18:00

 日本語ワークショップ2(アイデア発表・投票)
 18:15~19:45
 英語ワークショップ2(アイデア発表・投票)

【対象】以下①②に当てはまる早大生
①レクチャーおよびワークショップ2回に確実に参加できる学生
②外国人学生/帰国生/留学経験者など、3カ月以上の日本国外在住経験を持つ学生
【申込方法】Waseda-netポータルから申し込み。
[システム・サービス]―[申請フォーム入力]―[Dentsu&ICC:Creative Workshop&Competition日本を良くするひらめき杯Japan Inspiration Cup]
【締切】10月24日(水)9:00
【結果発表】10月25日(木)中にメールでご連絡します。(応募者多数の場合は書類選考を行います)
【電話】03-5286-3990
【E-mail】icc-creative@list.waseda.jp
【URL】http://www.waseda-icc.jp/

---------


■イベント

・サロン・ド・ブンラクザ in 東京
「人形浄瑠璃文楽を語る」 対談:宇崎竜童×吉田文司

 近松門左衛門が1703年に書いた文楽の代表作「曽根崎心中」。この作品をROCKと融合させた「ロック曽根崎心中」の模様をダイジェスト版で上映します。また、第二部ではこの公演を手掛けた宇崎竜童さんと人形遣いの吉田文司さんが対談します。

【講師】宇崎 竜童 氏(ロックミュージシャン)
    吉田 文司 氏(人形浄瑠璃文楽座人形遣い)
【日時】10月18日(木)18:30~20:30(開場18:00)
【会場】小野講堂
【参加費】無料
【対象】 早大生・教職員・一般
【問い合わせ先】社会連携推進室
【電話】03-5286-8334 
【E-mail】rbso@list.waseda.jp
【URL】http://www.waseda-sr.jp/

 

・演劇博物館  「Finding Shakespeare」展

 『ロミオとジュリエット』『ハムレット』などの作者としてもよく知られている劇作家W・シェイクスピアの展覧会を行っています。エリザベス朝当時からシェイクスピアがどのように受容されてきたのかを探ることにより、「全ての時代に生きる人々にとって普遍的である」と評されたゆえんを検討します。また、日英シェイクスピア受容の違いにもスポットをあて、日本独自の受容についても紹介。劇場以外の場所でのシェイクスピア受容に関しても触れ、シェイクスピアが文化に与えるインパクトについても考えます。

【日時】開催中~12月16日(日)
【会場】演劇博物館2階企画展示室Ⅰ

関連演劇講座「Finding Shakespeare」
 第1部では、若手演出家である中屋敷法仁氏と共に今後の日本におけるシェイクスピア受容を探ります。第2部では、トム・ドゥ・フレストン氏(イギリスの画家)とキーラン・ミルウッドハーグレイブ氏(イギリスの詩人)が行っているプロジェクトを通し、シェイクスピアが現代の文化・芸術に与えるインパクトについて考えます。
【講師】中屋敷 法仁 氏(劇団「柿喰う客」主宰)
    トム・ドゥ・フレストン 氏(画家 ケンブリッジ大学所属)
    キーラン・ミルウッドハーグレイブ 氏(詩人 ケンブリッジ大学所属)
【日時】10月19日(金)19:00~21:00(開場18:30)
【会場】小野講堂
【対象】早大生・教職員・一般 
【定員】200名
【予約】 不要
【主催】坪内博士記念演劇博物館
【電話】03-5286-1829
【E-mail】enpaku@list.waseda.jp
【URL】http://www.waseda.jp/enpaku/


・2012年度  秋学期理工コンピュータセミナー

 理工学術院では、学生・教職員を対象としたコンピュータセミナーを開催しています。
 早稲田大学の学生・教職員であればどなたでも受講できます。
【NEWS】「Photoshop入門」と「Illustrator入門」はMacを使用します。

【日時】10月20日(土)~12月15日(土)
    午前9:30~12:30/午後13:30~16:30/
    夜間18:15~20:55

・10月20日(土)
   午前 データベース(Access入門編)/ Photoshop入門
   午後 データベース(Access応用編)/ Illustrator入門/ LINUXによるネットワーク実習
・10月24日(水) 夜間 Office基礎(Word編 入門・応用)
・11月7日(水) 夜間 Javaプログラミング(入門編)
  LaTeX(入門編)
・11月9日(金) 夜間 Javaプログラミング(応用編)
  LaTeX(応用編)

※11月・12月のスケジュールは随時紹介します。
【会場】西早稲田キャンパス 情報フロア(63号館3階)
【参加費】無料
【対象】 早大生・教職員 
【予約】 Waseda-netポータル―[システム・サービス]より予約
【問い合わせ先】理工メディアセンター
【電話】03-5286-3049
【E-mail】mse-seminar@mse.waseda.ac.jp
【URL】http://www.mse.waseda.ac.jp/seminar/

 

・早稲田文化芸術週間2012
特別演奏会

 ワセオケの愛称で知られる早稲田大学交響楽団の特別演奏会です。今回の演奏会は、早稲田の文化・芸術を代表し、早稲田文化芸術週間の一環として行います。

【日時】10月22日(月)17:30~19:00(開場17:00)
【会場】大隈大講堂
【参加費】無料
【対象】 早大生・教職員・一般
【予約】 不要
【主催】 早稲田大学交響楽団
【電話】03-3204-3585
【E-mail】office@wso-tokyo.jp

 

・會津八一記念博物館 
「早稲田をめぐる画家たちの物語」展

 「早稲田をめぐる画家たちの物語 小泉清・内田巌・曾宮一念・中村彝」展を開催しています。早稲田大学に縁のある4人の画家について取り上げます。当館新規受贈の安藤更生コレクションの他、早稲田中学・高等学校で大切に保管されてきた絵画など、早稲田の周りに残された作品や書簡から、彼らと早稲田の人々がつむいだ物語を読みときます。

【日時】開催中〜11月10日(土) 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※日・祝は閉館
 ※10月21日(日)、11月3日(土)、4日(日)は10:00〜16:00(入館は15:30まで)
【会場】會津八一記念博物館1階企画展示室、2階常設展示室
【参加費】無料
【対象】早大生・教職員・一般
【問い合わせ先】會津八一記念博物館
【E-mail】aizu@list.waseda.jp
【電話】03-5286-3835
【URL】http://www.waseda.jp/aizu/index-j.html


 

■キャリア

・自己分析セミナー
 ~就活に備える3年生へ自分を知り適職を探すために~

 自分の適職が何か、考えてみたことはありますか? 自己分析セミナーでは、専門家による講義とワークシートの作成により、ES(エントリーシート)や面接で語れるレベルまで自分の長所・短所を分析し、適職を見つけるために自分の根底にある価値観を探ります。

【日時】
  10月20日(土)

  ①10:00~12:30 ②14:00~16:30
  10月27日(土)
  ③10:00~12:30 ④14:00~16:30
  11月10日(土)
  ⑤10:00~12:30 ⑥14:00~16:30
  11月17日(土)
  ⑦10:00~12:30 ⑧14:00~16:30
【会場】戸山キャンパス キャリアセンター セミナールーム(学生会館3階)
【参加費】無料
【予約】 不要
【対象】 早大生(学部3年生以上、修士1年生以上)
【問い合わせ先】キャリアセンター
【電話】03-3203-4332
【E-mail】career@list.waseda.jp
【URL】http://www.waseda.jp/career/index.html