学生部からのお知らせ

2012年12月13日

  • ▲学生部長 笹倉 和幸 (政治経済学術院 教授)

冬休みに向けてのお願い

 

学生部長 笹倉 和幸
(政治経済学術院 教授)

 

  まもなく冬休みがやってきます。学生の皆さんは、冬休みの過ごし方をそれぞれに計画していることでしょう。そこで、その冬休みが楽しく有意義なものとなるよう、右のことは必ず守ってください。

 

■ 過度な飲酒は絶対にしないこと!

 お酒の一気飲みは絶対にしてはいけませんし、させてもいけません。一気飲みは死亡事故につながる極めて危険な行為です。飲んだお酒は吐けば大丈夫、という「神話」を信じて飲み続ける場合があるようですが、完全な間違いです。一度飲んだお酒は吐いても体内に残り、吸収され、異変に気付いたときには手遅れになるという、悲惨な結果を招きます。特に上級生は下級生に対して模範となり、飲酒マナーを守らせるように指導してください。未成年の学生がお酒を飲んではいけないことは言うまでもありません。事故が起こってからではどうしようもありません。未来ある皆さん一人一人の命の大切さはどんなに強調しても足りません。

 

■ 違法薬物や脱法ハーブには絶対に近付かないこと!

 違法薬物にはどんなことがあっても手を出してはいけません。現在、大麻などの違法薬物は皆さんのすぐそばにあり、簡単に手に入れることができてしまうのが現実です。一番危ないのは自分が信用している人、すなわち先輩や友人から誘われるケースだと言われています。違法薬物の使用は、各種犯罪を誘発し、生涯にわたる脳や心身へのダメージは計り知れません。ほんの興味本位ででも栽培・所持・使用したその瞬間、皆さんの人生が大きく変わります。

  さらに、脱法ハーブとよばれる違法ドラッグの使用が若者の間に急速に広がっています。現在、脱法ハーブもハーブ店などで容易に手に入れることができますが、それはハーブ(薬草)ではなく、非常に危険な合成物です。脱法ハーブの吸引は異常な行動を引き起こし、意識障害、呼吸困難を伴います。脱法ハーブにも決して手を出してはいけません。