ニュース

2013年4月11日

  • ▲早稲田大学に鎮魂の鐘が鳴り響く

  • ▲松本幸四郎さん

  • ▲木村興治さん

  • ▲松平健太郎選手(右) ©早稲田スポーツ新聞会

  • ▲二連覇を達成したスキー部女子、喜びの笑顔

  • ▲渡部善斗選手 ©撮影:岩瀬孝文

トピックス

・東日本大震災から2年…
 2013年3月11日(月)、東日本大震災から2年が経ちました。
 早稲田大学では、戸山キャンパスに半旗を掲げ、地震が発生した14時46分に大隈講堂の鐘を鳴らして、犠牲者の方々のご冥福を祈りました。

・次世代リーダーの育成に向けた社会人教育プログラムの開始
 3月19日(火)、WNLP(早稲田次世代国際幹部養成研修)× ETP (第28期EUビジネスマン日本研修プログラム)の合同セッション見学会が行われ鎌田薫総長らが視察をしました。WNLPは日系優良大手企業で、社内の次世代リーダーとなる人材を対象とした社会人教育プログラムで今後毎年開催される予定です。
■欧州連合EUビジネスマン研修計画
(ETP)http://www.euinjapan.jp/programme/etp/

・芸術功労者に松本幸四郎さん スポーツ功労者に木村興治さん
 第30回芸術功労者に歌舞伎俳優の九代目松本幸四郎さんが、第13 回スポーツ功労者に(公財)日本卓球協会副会長の木村興治さんが表彰されました。

 4月1日(月)入学式(第1回目、第3回目)の中で表彰式が行われ、
多くの新入生を前に鎌田薫総長から、松本さん、木村さんに表彰状と金メダルが贈呈されました。

・地方学生の集い開催
 4月5日(金)早稲田キャンパス10 号館109教室で地方学生の集いを開催しました。地方学生の集いは、1都3県(東京・千葉・神奈川・埼玉)以外の地域出身の新入生を主な参加対象としていて、当日はさまざまな地域の学生が参加しました。学生稲門会の紹介の他、各地域別に分かれて交流する分科会や懇親会を行いました。

・戸山キャンパス新33号館 高層棟オープン
 33号館高層棟が3月よりオープンしました。地下1階には保健センタ
ー戸山分室、2階~5階には教室や会議室、5階~9階にはさまざまなコースの研究室、10階~16階には教員の個人研究室が移転。低層棟の完成は2014年8月を予定しています。


体育各部の成績

(学年は当時のもの)

卓球部
松平健太、日本一に返り咲き
 天皇杯・皇后杯平成24年度全日本卓球選手権大会(1月15日(火)~20日日/代々木競技場第1体育館)にて、松平健太(人間科学部〈通信〉3年・丹羽孝希(青森山田高校)組が、坂本竜介(協和発酵キリン)・笠原弘光(協和発酵キリン/2012 年度スポーツ科学部卒業)組を3対0で下し、2年ぶりにダブルスで日本一に返り咲きました。続く、第18回ジャパントップ12(2月24日日/代々木第二体育館)においても、松平は自身初となるシニア大会での個人優勝を果たしまた。

スキー部女子
創部史上初インカレ2連覇
 第86回全日本学生スキー選手権(2月19日(火)~25日(月)/岩手県八幡平市)にて、総合とリレーで2連覇を成し遂げました。

スキー部男子

世界選手権大会で活躍
 FIS 2013年ノルディックスキー世界選手権大会(2月20日(水)~3月3日(日)/イタリア・バルディフィエメ)にて、レンティング陽(スポー
ツ科学部4年)、渡部善斗(スポーツ科学部3年)、宮沢大志(スポー
ツ科学部3年)の3名が選出されました。渡部はコンバインド競技(団
体グンダーセン)で4位入賞、レンティングと宮沢は、クロスカントリ
ー競技(男子リレー)で8位入賞に輝きました。

その他の成績は競技スポーツセンターWebサイトに掲載しています