特集

2013年7月11日

  • ▲学生部長 笹倉 和幸

夏に鍛えろ!早大生


学生部長 笹倉 和幸 (ささくら かずゆき)

 学生の皆さんは、夏と冬のどちらが好きですか。私の予想では、夏派が圧倒的ではないでしょうか。私も学生のときはそうだったと思います。なぜ、学生は夏の方が好きなのでしょうか。間違いなく、解放感に満ちた夏休みがあるからです。

 青い海、白い雲を思い浮かべるだけでもワクワクするものですが、毎週行かなくてはいけない授業からの長期間の解放は、昔から学生に与えられた特権です。

 ところで、夏休みが本当の「休み」と思っている人はいないでしょうか。もしそうなら、それは全くの勘違いです。夏休みこそ、普段の正課授業ではできないことに挑戦し人間的にさらに成長できる絶好の機会です。夏休みは「もう一つの授業期間」なのです。

 しかし、正課授業ではその目標があらかじめ設定され、どの学生もするべきことが同じであるのに対し、夏休みの目標は必ずしも明確ではなく、従って、あなたは何をすべきです、と一概に言えないところが異なります。

 そこで、今からしっかりと自分だけの計画を立ててください。大学を卒業し社会に出たときにそうなっていたい自分を想像し、何をすべきかを計画に反映してください。少し欲張った内容でいいと思います。

 そして、夏休みが終ったとき、一段とたくましくなった自分に出会えるように、この夏、その計画に従って大いに自分を鍛えようではありませんか。時間は十分にあります。ただし以下の規律は必ず守ってください。早大生のあなたなら、全てができるはずです。



■夏休み中の注意

●イッキ飲みは絶対にやめよう!

 未成年者が飲酒すること、未成年者に飲酒を勧めることは、法律に反する行為であり絶対にやめましょう。成年者であってもイッキ飲みや体調を無視した飲酒は非常に危険です。また飲酒の強要は、アルコール・ハラスメントにもなります。合宿のコンパなどでは、場を盛り上げようと自ら大量に飲酒してしまい命に関わる危険な状態となることもありますので十分気をつけて下さい。

●違法薬物には手を出すな!
 若年層への覚せい剤や大麻などの違法薬物汚染が年々深刻化していますが、それらに加えて俗に“合法ドラッグ”“脱法ドラッグ”と呼ばれる薬物が大きな社会問題となっています。これらの危険薬物に手を出せば、深刻な健康被害を招くばかりでなく、法による処罰の対象となる恐れもあります。覚せい剤や大麻はもちろん、違法ドラッグにも絶対に近付かないようにしてください。

●合宿・遠征届の提出を!
 公認サークルで学外で課外活動をするときは、事前に学生部学生生活課へ活動開始の7日前までに「合宿・遠征届」を必ず提出してください。未提出の場合、万が一事故が起こった際に、大学から適切な指示を受けられないだけでなく、「早稲田大学学生補償制度(傷害補償)」も適用されません。事故が起きた場合は救急車・警察への連絡とともに、学生生活110番03-3202-0706(夜間は03-3203-4300)にも連絡してください。

 


■充実した夏休みにするための誓い

 
たくさん観劇したい!
人間科学部2年 岩瀬 瑶有子 (いわせ ようこ)
 夏休みは観劇をしたいです。長期の休みであれば昼の公演に行けるので、さまざまなジャンルの演劇を見て自分の感性を養いたいです。現在3回観劇に行くことが決まっていますが、さらに増やすつもりです。歌舞伎、ダンス、ミュージカル…見たいものは増えるばかりです。


英語力をアップさせるぞ!
創造理工学部3年 舘野 ひとみ (たての ひとみ)
 昨年の夏休みはTOEICの学習に励み、その結果数カ月間でスコ
アを100点アップさせることができました。今年の夏休みも引き続き英語学習に励みます。将来を見据えて、海外留学しても問題ないレベルまで英語力を引き上げたいです。日々全力投球をモットーに頑張ります!


リアルに充実した夏休みにする!
法学部4年 中村 文 (なかむら あや)
 学生生活最後の貴重な夏休みですから、有意義に過ごしたいです。 まず、履修したくてもできなかった授業の勉強など大学生だからこそできることをやり尽くしたいです。また、2カ月間無駄にしないために規則正しい生活心がけます!暑さに負けず、自分に負ず!


東北の復興について現地の学生と考えます!
文化構想学部3年 本澤 絢子 (ほんざわ あやこ)
 今年の夏は、オープン科目の「Trans-Pacific Leadership」に参加します。今までずっと行ってみたかったポートランドで、東北の復興について現地学生と考えます!自分の英語でのコミュニケーション能力を試しながら、ポートランドの街づくりについてもじっくり見てきます。


歯科検診を充実させるイベントを考える!
基幹理工学部3年 小牧 秀太郎 (こまき しゅうたろう)
 私は早稲田大学学生健康増進互助会(学生早健会)の委員長を
しています。この夏の集中討議で秋に各キャンパスにて開催される歯科検診と同時に開催するイベントを考える予定です。みなさんが足を運びたくなるような楽しいイベントを企画しますので、ぜひ参加してください!



■その他にもさまざまな目標が!

●昨年は、留学センター主催の短期留学に参加しました。現地での体験もそこでできた人間関係もとても貴重なものでした。今年は農山村体験実習という授業の実習や、サークル活動を頑張りたいと思います。(教育学部3年女性)

●教職を履修しているので実家に帰ったら地元の中高生と触れ合い、彼らが感じていることを知りたいです。(文学部3年女性)

●長編小説や古典の名作など、本をたくさん読みたいです!(文学部4年女性)

●留学準備をする!秋からの留学に向けて、語学力、専門知識、生活力、資金力をアップさせる。(法学部2年女性)

●夏休みを利用して車の免許を取ろうかと考えています。(法学部2年男性)

●三重で合唱団のサマーコンサートを開きます。大ホール1,000人を満員にするぞ!(社会科学部2年女性)

●江ノ島で日焼けします。(教育学部3年男性)