キャンパスニュース

2013年10月15日

  • ▲鎌田薫総長から奨学生証が授与されました

  • ▲TAP-LOVERS(タップラバーズ)

  • ▲左から恩藏直人理事、高井さん、川嶋さん、東京財団人材育成ディレクターの鈴木真理氏

  • ▲主将の中田航平(スポ科4年)を中心に勝利に沸く選手たち (C)早稲田スポーツ新聞会

■トピックス

早稲田大学2012年度「事業報告書」および「決算」について
 理事会・評議員会で承認された、「2012年度事業報告書」および「2012年度決算」を、それぞれ下記Web サイトに掲載しました。
早稲田大学Webサイト
(事業報告書)
http://www.waseda.jp/jp/global/guide/soumu
(決算)
http://www.waseda.jp/zaimu/main_kessan


2013年度大隈記念特別奨学生証授与式開催
 5月30日(木)、大隈記念特別奨学生証授与式が行われました。この奨学金は2004年に創設され、学部入試で特に優秀な成績を収めた学生が対象になります。今年度は31名がその栄誉に輝きました。残念ながらこの奨学金の授与式は今年度が最後になりますが、早稲田大学は大隈記念奨学金の枠を新入生に拡大することで、優秀な学生の支援を継続します。

早稲田学生文化・芸術祭2013に約5,000人が来場
 今年で4回目を迎える早稲田学生文化・芸術祭が6月3日(月)から16日(日)まで開催されました。41の公認サークルが、音楽・ダンス・お笑い・演劇・映画・展示など、日頃の成果を発表。学生や地域の方々など約5,000人が来場し、盛況のうちに幕を閉じました。

春の健康フェスタで健康づくり
 6月20日(木)、大隈ガーデンホールで春の健康フェスタが開催されました。トマトの栄養を知るセミナーや、健康メニューの試食会、栄養士による食生活相談会などが行われ、多くの学生が健康に関する知識を深めました。

ヤングリーダー研究奨励奨学金2013年度授与式開催
 7月3日(水)、東京財団と日本財団が共同で行う「ヤングリーダー研究奨励奨学金」の授与式が行われました。本年度は、高井 亮佑 (たかい りょうすけ)(政治学研究科博士後期課程4年、研究テーマ「アジアアフリカ(AA)諸国における民主化と『法の支配』の比較分析」)、川嶋 淳司 (かわしま じゅんじ)(社会科学研究科博士後期課程3年、研究テーマ「イエメンにおけるアリー・アブドッラー・サーレハ政権〈1978 ~2012〉に関する研究―制度的発展と正当性の変容を中心に―」)の2名が選ばれました。本奨学金は、大学院生を対象に、アジア太平洋地域の諸問題に積極的に取り組む、国際性豊かなリーダーの育成を目的として支給されています。
ヤングリーダー奨学基金プログラムWebサイト
http://www.sylff.org/


世界と戦う早稲田スポーツ
“学生のオリンピック”といわれる第27回ユニバーシアード競技大
会が、7月6日(土)から17日(水)までロシア・カザンで行われ、早
稲田大学からやり投げのディーン元気(げんき)(スポ科4年)、水球の固城侑美(こじょう ゆみ) (スポ科3年)、サッカー女子の瀬口
七海(せぐち ななみ)(スポ科3年)、レスリンググレコローマン120㎏級の前川勝利(まえかわ しょうり)(スポ科3年)など多くの選手が出場しました。また、7月19日(金)から28日(日)までフランス・リヨンで開催される、障がいのある選手によるIPC陸上競技世界選手権大会では、芦田 創(あしだ はじむ)(政経2年)が男子400メートルに日本代表として出場します。


■体育各部の成績

・ア式蹴球部
最後の国立競技場を勝利で飾る
 6月29日(土)に国立競技場で行われた早慶サッカー定期戦は、榎本 大希 (えのもと たいき)(スポ科4年)、近藤 貴司 (こんどう たかし)(教育3年)が得点を決め3-0で勝利しました。国立競技場は、来年から全面改修工事が行われます。現在の国立競技場で開催される最後の一戦を勝利で飾りました。

・体操部
小倉、跳馬で優勝を飾る
 6月29日(土)から30日(日)まで、第67回全日本体操種目別選手権が東京体育館で開催され、体操部の小倉 佳祐 (おぐら けいすけ) (スポ科2年)が男子跳馬で優勝しました。

・弓道部
全国大学選抜 男子準優勝
 6月30日(日)に明治神宮至誠館弓道場にて行われた第25回全国大学選抜大会にて、弓道部男子が並み居る強豪校を打ち破り、準優勝を勝ち取りました。


その他の成績は競技スポーツセンターWebサイトに掲載しています