えび茶ゾーン

2014年1月6日

第908回

 還暦はだいぶ以前に過ぎた。最近運転免許の更新に行った時、立派な老人の部類に入るらしく、運動能力、動体視力、記憶力などのテストを受けた。結果は悪くはなかったが、人に迷惑を掛けない運転をこれから長く続けるには、現在の状態をキープし、体力、知力の低下を防ぐよう、訓練する必要を感じている。

 私にはいろいろな仲間がいる。300もの名山に登り、山をスケッチした友達は、毎朝1時間以上ご夫婦でウオーキングしている78歳。テニスでいまだ技術力が上がり、現在も試合をしている人は、85歳。いろいろな種類のボールを初心者に球出ししてくれる大先輩は、かくしゃくとした95歳である。自然に囲まれた環境の中で運動し、ストレスを発散することは、健康と長生きの秘訣のようである。そして、「継続は力なり」と、しみじみ実感している。

 学生時代の友達はありがたい。彼は筑波山の山麓に住み、筑波山の花と植物の図鑑をつくり、山道を知り尽くしガイドしてくれる。毎年山登りと芋煮会を企画し、同級生十数人で楽しんでいる。みんな仕事もリタイアし、共通の話題はもっぱら親の介護、病気、孫守り、孫の教育などである。

 新しい年が明けた。本分である勉学、研究分野で、より一層の発展を期待している。充実した学生生活を送るため、ストレスをためないでほしい。それには、学生時代に、適度なスポーツと音楽、絵画、創作活動などの趣味を持って、一生の友をつくることだ。なぜなら、これ以上の財産はないから。(H.I)